支援先

国立国際医療研究センターのご紹介

国立国際医療研究センター(NCGM: National Center for Global health and Medicine)は国立高度専門医療研究センター(いわゆるナショナルセンター)の一つであり、明治元年(1868年)10月に江戸城山下門内に設置された兵隊仮病院にそのルーツを発し、2018年、創立150周年を迎えました。明治6年(1873年)に現在の千代田区隼町に移転し、陸軍本病院と名称も変更されました。その後も時代と共に東京陸軍病院、東京第一衛戍病院、東京第一陸軍病院と名称が変わり、昭和4年(1929年)に現在の新宿区戸山に移転しています。戦後は厚生省に移管され、国立東京第一病院として再出発し、長らく“東一”の名称で皆様に親しまれました。昭和49年(1974年)には国立病院医療センターとなり、平成5年(1993年)にナショナルセンターとして組織統合され国立国際医療センターとなりました。そして、平成27年(2015年)からは独立行政法人の一形態である国立研究開発法人に属し国立国際医療研究センター(NCGM)となりました。

現在NCGMは、センター病院、国府台病院(千葉県市川市)、研究所、臨床研究センター、国際医療協力局、国立看護大学校(東京都清瀬市)など多様な組織を有し、感染症・免疫疾患並びに糖尿病・代謝疾患等に関する研究や高度総合医療を提供するとともに、医療の分野における国際協力や医療従事者の人材育成を総合的に展開しています。

(国立国際医療研究センターより抜粋)

Grateful to you事務局では 支援先への直接の寄付を啓蒙しております。
病院への寄付は「特定寄附金」となり税金控除の対象となります。

以下、国立国際医療研究センター内の寄附ページとなります。

住所

〒162-8655
東京都新宿区戸山1-21-1

アクセス(公共交通機関)